天日干ししているスニーカー

水虫にならない為の生活環境

水虫は白癬菌という菌が原因で発症します。
白癬菌は真菌というカビの一種で足に付着すると足の間がぐちゅぐちゅになったり、赤く腫れ痒みを伴ったりします。
水虫になってしまったら抗真菌薬を塗って治療をします。
抗真菌薬の中にクロトリマゾールという塗り薬があります。
クロトリマゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で真菌の細胞の主成分であるエルゴステロールの生育を阻害し殺菌する薬です。
クロトリマゾールは比較的副作用の少ない薬ですが、刺激感や接触性皮膚炎などの症状が出ることがあるので注意が必要ですが、効きめが良いのが特徴です。
クロトリマゾール以外にも水虫薬はたくさん種類がある為自分に合った薬を選ぶことが重要です。

水虫の薬は多数ありますが、水虫にならないことが一番です。
水虫にならないためにはどのような生活を心がければ良いのでしょうか。

白癬菌は皮膚に付着していても24時間以内なら洗い流せます。
そのため、毎日お風呂に入って足をよく洗いましょう。
お風呂に入った後は足のを良く拭き通気性を良くすることも重要です。
家族に感染者がいる場合は足ふきマットを別々にしたり、共同の場所を利用したら足を洗う必要があります。
足が洗えない場合はアルコールなどで足を拭きましょう。
爪切りも家族用と自分用と分けて使うのが無難です。
そして、一日中履いた靴は汗などで湿っていて水虫菌が好む場所です。
そのため、同じ靴は履かずに毎日違う靴をはきましょう。
一番の予防は素足を太陽光にあてると殺菌作用があるので、休日等にひなたぼっこをするのはいかがでしょうか。
また、
水虫菌に感染している家族と同居している場合は自分だけ予防や治療をしていても意味がありません。
家族と一緒に水虫を予防、治療していきましょう。

Latest Post