クロトリマゾールの副作用や注意点

クロトリマゾールは真菌の増殖を抑える薬です。
真菌とはカビの一種で白癬菌いわゆる水虫やカンジダ症、アスペルギルス症、そして脂漏性皮膚炎の治療薬として使われています。
クロトリマゾールはイミダゾール系の抗真菌約です。
強い抗菌作用があり、白癬菌やカンジダ、アスペルギルス、癜風菌などの殺菌に有効です。
きちんと殺菌すれば完治させることができます。

薬の種類は軟膏、クリーム、液剤などがあり、副作用は少ないです。
しかし、液剤は刺激が強いのが難点ですが浸透力が強いので皮膚が硬くなってしまった患部に適しています。

クロトリマゾールの副作用としては、ひりひりとした刺激感や接触性皮膚炎などが引き起こされます。
接触性皮膚炎は発赤、紅斑、かゆみ、かぶれなどの症状が現われます。
接触性皮膚炎は誰にでも起こり得る可能性があるため注意が必要です。

ただれがひどい患部や傷のある部位では使用に注意が必要です。
上記にも記載しましたが液剤は刺激が強いので特に注意をしましょう。
使用するに当たり注意する点が他にもいくつかあります。

指示された期間治療を続けること。
完治させるには時間がかかります。
途中で薬を塗るのをやめてしまうと治らないので、きちんと決められた期間薬を塗る必要があります。
使用回数を守ること。
塗りすぎるとかぶれや皮膚炎を引き起こします。
薬を塗った後に患部を包帯で巻かないこと。
包帯で巻いてしまうと病気が悪化する場合があります。
薬が目に入らないように気を付けることです。
使用方法に気を付けないと副作用や病気の悪化につながってしまうので注意しましょう。

クロトリマゾールを使用する際医師の指示を良く聞いて、もし副作用が出てしまった場合は速やかに医師に診てもらうようにしましょう。

Latest Post

アーカイブ